DENTSU ADGEAR
RECRUITING

Interview

Nさん&Kさん

04
Interview

お二人は大手飲料メーカーのOOH担当プロデューサー。
2年目になるNさんと、NさんのOJTトレーナーで社会人歴10年目を迎えるKさんにお話を聞きます。

q

おふたりのお仕事を教えてください

Kさん :大手飲料メーカーのOOH担当営業として、クライアントに対してメディア提案を行い、社内ではメディアバイイング、制作進行管理まで全て行っています。
その中で社内ではOOHを担うチームのリーダーとして、全体をディレクションする立場として仕事をしています。

Nさん :Kさんと同じ飲料メーカーのOOHチームの中で、メディア担当として媒体のプランニングやバイイングを行っています。

q

お二人はOJTトレーナーとトレーニーの関係。この制度があって良かったことはありますか?

Kさん :チームの中で気づいた人が気づいたことを言うようなコミュニケーションの方法ではなく、トレーナーなりのビジョンを持って日々接することができる点が良いと思います。トレーニーの成長を目の前で見ながら、今必要なことを将来的な成長とリンクさせて、日々のやり取りができる点が最も大きなメリットだと感じています。

Nさん :同じチームで一緒に仕事をする中で、私ができていること、できていないことを客観的に見てアドバイスをもらえることです。また、トレーナーと週に1回30分の振り返りの時間があるので、業務に関する悩みや今後の課題などを相談できるというのも、この制度ならではだと思います。

q

トレーナーから見て、Nさんの成長を感じる部分があれば教えてください。

Kさん :「目的」を持って仕事をしている点です。常にやり取りの中では、「なぜこれをやらなければいけないか?」を確認して仕事をしてくれます。
この点は私が最初に言い続けていたことで、なぜやるかを理解する・意識することで求められること以上の結果が出せますし、自分自身が必要とされているモチベーションにも繋がります。その点を自分で確認し、見出して仕事をしているところに成長を強く感じます。

q

入社してからこれまで、Nさん自身が印象に残った出来事を教えてください。

Nさん :社外の方から依頼された資料を作成し、「イメージ通りでわかりやすい!」と褒めてもらったことです。その時にKさんからアドバイスのあった「まず作業の目的を十分に理解してから、どのようなアウトプットを行うべきなのか考える」ということは、その後の様々な仕事でも大切にしています。

q

お二人がこれからチャレンジしたいことを教えてください。

Kさん :これからはせっかくのチーム体制を活かして、OOHの中でも新しい活用や開発など、誰もやったことのない仕事にチャレンジしていきたいです。それをNさんをはじめ、今のメンバーで達成していくことが大きな目標です。

Nさん :OOH媒体の今までにない新しい、面白い使い方を考えて、クライアントにご提案していきたいと思っています。また、現在担当させていただいている仕事で更に専門知識を身につけて、他のクライアントからもOOHのお仕事を頂けるようになりたいです!


Interviews
Page Top