DENTSU ADGEAR
RECRUITING

Interview

Kさん&Sさん

05
Interview

お二人は大手飲料メーカーのプロモーション担当プロデューサー。
入社5年目を迎えるSさんと、4年目Kさんの若手コンビにお話を聞きます。

q

おふたりのお仕事を教えてください

Sさん :缶コーヒーブランドのプロモーション領域に従事しています。電通グループ各社に在籍する専門的なスキルを持つメンバーと連携しチームを作っており、オリエンから企画立案・プレゼン・制作進行までの一連の業務において企画営業として携わっています。

Kさん :飲料メーカーの飲料水ブランドのプロモーションを担当しております。
電通本社・関係各社のチームで連携しながら企画立案・進行管理を行う他、営業としてもクライアントと向き合っています。

q

いろんな方と関わるお仕事だと思いますが、どのような事が一番大変ですか?

Sさん :自分も含め、クライアントもチームも皆それぞれに「やりたいこと」や「描くゴール」を持っていて、意思の矢印の向きが異なります。その1つ1つを理解したうえで、「できること」や「できないこと」を洗い出しながら皆で同じ方向に向かう1つの大きな矢印になってゴールを目指すことが大変ですね。

Kさん :人と人で仕事をするにあたって、僕は「お互いの意思疎通」が一番大切だと思っています。すれ違う事なく意思疎通するために、相手が言葉をどう受け取るのかを考えながら、「どんな風に伝えるべきか?」を考えるのですが、これが結構大変です(笑)
これは、この仕事の醍醐味でもあると思っていますが!

q

一番仕事でやりがいを感じることを教えてください。

Sさん :やっぱり「あれ面白いね!」って言ってもらえることでしょうか。
一生懸命に練り上げた企画も、実際に世の中に出すまではどんな反応が起こるのか分からないため、世にリリースしたときに狙った通りの良い反応が見えると嬉しくなります。特に、一般の人の正直な反応が見えるSNSで話題になっていたり、イベントの現場で楽しむ人たちの顔を目にしたときは「やっていて良かった!」とやりがいを感じます。

Kさん :昨年の夏、色々な苦労を乗り越えながら実施できたプロモーションがあったのですが、「あなたたちのおかげで納得のいくプロモーションが出来ました。」と声をかけてもらえた時、とてもやりがいを実感できました。目的を達成しつつ、「自分たちだからこそ」という付加価値を与えられたとき、達成感を感じます。

q

普段、プライベートはどのように過ごしていますか?

Sさん :アウトドアという程ではないですが、外に出掛けることが多いです。
話題のお店に買い物へ行ったり、映画を見たり、美味しいものを探しに出掛けたり。平日は家と会社の往復になりがちなので、プライベートでは普段行かないような場所に少し足を延ばしてみるようにしています。

Kさん :自然と触れ合うようなアウトドアが好きです!
最近はキャンプにハマっています。あとはフットサルで体を動かす等、頭をフレッシュにすることを意識していますね。

q

お二人がこれからチャレンジしたいことを教えてください。

Sさん :経験したことがないものや知識が薄いことに興味があります。
仕事でいえばデジタルの企画やマーケティング戦略の立案、プライベートでいえば本や映画をたくさん見ることと料理をすること、ですかね(笑)

Kさん :得た経験を活かして、自分の趣味や友人とビジネスでもつながりたい!と思っています。DJであったり、キャンプであったり、好きなことをどんどん活かしてビジネスの幅を広げる事にチャレンジしたいです。(ウエスト周りは細くしていきたいです)


Interviews
Page Top