2020 Recruiting

Entry
Interview

Kudo

アカウント・プロデュース室
アカウント・プロデュース2部

社会人歴:5年目

06
Interview
q

お仕事内容を教えてください。

Kudo :私たちは、主には官公庁や自治体に対して、2020年以降も増え続ける「訪日外国人観光客(=インバウンド)」に、どう日本観光を楽しんでもらい、いかにファンになってもらうかについて、企画提案およびプロデュースする仕事をしています。提案だけでなく案件の受託後には実施、効果検証も行います。最近は国や自治体だけでなく、民間企業からの相談も増えており、民間企業のインバウンド課題解決のための提案も行っています。

q

インバウンドの面白さを教えてください。

Kudo :私もまだまだ勉強中の身ですが、インバウンドは、これから自動車産業を抜くほどの経済規模になります。しばらくは間違いなく日本の産業の「ど真ん中」だと感じます。
よってクライアントは、国であり日本の地域であり、未来を見据えて頑張ろうとする人たちです。そんな人たちに提案しようとすると、とても勉強せねばならぬので大変ではありますが、仕事で蓄積するナレッジが、社会人として&日本人としてのそれにもなるところが面白いと思います。
もう1点、提案について。インバウンドは秋の空ですので、次々と変わる世の中の流れを見極めようとする働きは、面白いです!例えるなら、サーフボードの上で「さあ立つぞ」という感覚です。サーフィンはやったことないですけど。

q

インバウンドチームとしてこれからやってみたいことはありますか?

Kudo :企業もインバウンド向け対応がどんどん加速し、新しいサービスや事業がものすごい勢いで生まれています。これからもっとインバウンドのソリューションを提供している協力会社さんをどんどん巻き込んで、新しいアイデアで新しい仕事を、みんなでニヤニヤしながらやりたいです!
直近でいうと2019年・2020年は、インバウンド産業的には打ち上げ花火的な催しが目白押しですから、皆さんはいい時に入社しますね!一緒にニヤニヤしましょう!
ありがとうございました!


Interviews
※社会人歴については、2018/12/31時点を記載しております
Page Top